お肌をきれいに保つためには

立ち技最強の格闘技!ムエタイを学ぶためのバイブル > 美容 > お肌をきれいに保つためには

お肌をきれいに保つためには

2015年6月23日(火曜日) テーマ:美容

お肌をきれいに保つためには、毎日のケアが大切です。

洗顔だけでなく、化粧水をつけたり乳液をつけたりした方が、お肌をいい状態で保つことが出来ます。

 

化粧水は洗顔してすぐにつけるべきです。

洗顔してから時間が開いてしまうと、肌は化粧水をあまり受け付けなくなってしまいます。

化粧水をつけるときはコットンを使った方がお肌に馴染みます。コットンをしっかり濡らし、人差し指と薬指で挟んで持ちます。

 

付け方は顔の内側から外側へ向けて、おでこなどの広い部分を最初に、鼻や目の回りなどの狭い部分を後に化粧水をつけます。

お顔をパチパチと叩くことはしなくてかまいません。お肌を痛めるとも言われています。

 

乳液は化粧水の後につけるもので、化粧水の蒸発を防ぐ役割をします。

乳液もコットンを使った方が馴染むのでオススメします。

 

付け方は、頬、おでこ、顎に乗せてくるくるとマッサージをするように付けていきます。

最後に顔全体を両手で覆って乳液を染み込ませます。

肌が少しペタペタするくらいの量をつけるのがオススメです。

 

美白成分について詳しい解説はこちら
http://www.harbor-management.jp/hydroquinone.html



関連記事

飲んでシミと小じわを減らすことを考える

飲んでシミと小じわを減らすことを考える

2018年12月13日(木曜日)

ダイエットは痩せるだけではない

ダイエットは痩せるだけではない

2018年11月14日(水曜日)

40-50代になって体調に悩むときが多くなったら

40-50代になって体調に悩むときが多くなったら

2018年11月 5日(月曜日)

お肌をきれいに保つためには

お肌をきれいに保つためには

2015年6月23日(火曜日)

正しい洗顔はスキンケアの基本です!

正しい洗顔はスキンケアの基本です!

2015年6月 8日(月曜日)